ブログ
blog

アニメーション動画とは?作成するメリットやおすすめの制作方法について

企業の商品やサービスの紹介動画やPR動画において、アニメーション動画を活用する企業が増加しています。大手の企業では、サービス紹介などの動画はすべてアニメーションで表現している事が多いです。

なぜなら、どれほどクオリティの高い商品やサービスであったとしても、それらの魅力を文章だけで伝えるのは難しいからでしょう。 たとえ商品自体の説明や使い方が複雑なサービスであったとしても、アニメーションを活用することで分かりやすく的確に視聴者に伝えることができます。

企業の紹介動画の制作を検討されている担当者の方は、アニメーション動画についてどのくらいの知識がありますでしょうか。

本記事では、アニメーション動画の特徴やメリット、アニメーション動画の制作の方法や注意点などについてご紹介させて頂きますので、ビジネス動画活用にご興味がある方はぜひ参考にしてください。


本記事の内容:

  • アニメーション動画とは
  • アニメーション動画のメリット
  • 代表的なアニメーション動画の種類
  • 法人向けアニメーション動画制作であれば、制作会社への依頼がおすすめ
  • 自主制作、クラウドワークスやココナラなどに依頼するメリットとデメリット

 

アニメーション動画とは

アニメーション動画とは、動きのない絵や画像に動きを加えた動画のことを指します。
1コマ1コマのイラストを描き、これを連続撮影してつくったものが動画であり、映画であり、アニメになります。
人物や風景などの実写動画と比べて、表現の自由度が高いのがアニメーション動画の特徴です。

最近では、紙を利用する手法ではなく、コンピューターを用いたCGアニメーションによる動画制作の手法が主流となってきています。

 

アニメーション動画のメリット 

アニメーション動画を作成するメリットはいくつかありますので、ご紹介していきます。

視聴者にとって分かりやすい

アニメーション動画では、文字で説明すると多い情報量を視覚的に動画で表現できます。
ですので、アニメーション動画を用いることで、視聴者に短時間で伝えたい情報を的確に伝えることが可能になります。
製品・サービス内容が複雑で、どのような場面で利用するのかがイメージしづらい場合は、いかにして具体的な利用の場面を連想、イメージさせるかが重要になります。

コスト削減

実写動画を作成する場合、撮影のためのロケーションを確保したり、インフルエンサーやタレントのキャスティング費用、撮影時の人件費などが必要になります。
アニメーション動画であれば、これらのコストがかからないため、動画制作自体のコストを軽減することができます。

後から内容の変更を行いやすい

実写動画は一度撮影してしまうと、その後の修正や変更は難しくなります。
しかし、アニメーション動画であれば、動画データの再編集だけで内容の変更が可能であるため、後から部分的に内容を変更することが行いやすく、また修正にかかるコストも比較的安価に行うことができるでしょう。
定期的に機能が改修されるクラウドサービスやアップデートが頻繁に行われるアプリケーションサービス等の場合は、アニメーション動画を用いるのがオススメです。

 

代表的なアニメーション動画の種類 

アニメーション動画と言っても、様々な種類のアニメーション動画があります。代表的なものをいくつかご紹介させていただきます。概要とメリット、用途については以下の通りです。

モーショングラフィックス

モーションラフィックスとは、写真やイラスト、ロゴや図形などの静止画像に動きや効果音やBGMなどの音を加えた動画のことを指します。
視聴者の視覚と聴覚に訴えかけることができるので、短い時間の動画であったとしても、多くの情報を伝え、視聴者の記憶に残すことができることがメリットです。

3Dアニメーション

3DCGアニメーションとは、3D技術により立体的なグラフィックを用いたアニメーション動画を指します。
手描きのイラストでは表現が難しい物体やキャラクターなどを立体的に表現することができるため、リアリティあふれる表現を可能にします。
撮影ができない世界観を映像化できるというメリットがあります。

インフォグラフィック

インフォグラフィックとは、情報や知識をグラフや図表などを用いて、分かりやすく視覚的に表現するアニメーション動画を指します。
複雑なデータを整頓してわかりやすく説明することができるため、企業や企業の商品、サービスに対する視聴者の理解度を上げることができることがメリットです。

 

法人向けアニメーション動画制作であれば、制作会社への依頼がおすすめ 

アニメーション動画は、低コストで多彩な表現ができます。最近では、映像編集ソフトを活用することで、個人でも動画を作成できるようになりましたが、自主作成には限界があります。そのため、アニメーション動画をビジネスで活用する場合は、専門の動画制作会社へご依頼されることをおすすめします。

自主制作、クラウドワークスやココナラなどに依頼するメリットとデメリット

・メリット
安価で動画制作ができる

・デメリット
クオリティが安定しない。
マーケティングの視点が欠けてる場合が多く、動画の視聴離脱が起こりやすいため、ビジネスに繋がりにくい
優秀なクリエイターに出会えるかどうかは運次第
個人で映像制作をしているため、急に連絡が取れなくなることがある。

動画制作会社に動画制作を依頼することで、企業の商品やサービスのニーズや企業イメージに合った動画を制作することが可能になります。 動画制作会社は経験や知識が豊富な分、即座に作成する動画のイメージを明確化することができます。よって、事前に自社の要望を伝えれば一般の人に依頼するよりもイメージに近いものが得られます。時間的コストや人的コスト、機材・備品のコストを鑑みると、結果的に制作会社を利用することでコストパフォーマンスが良くなるでしょう。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました!アニメーション動画は、多様な表現・演出手法によってあらゆる要望に応えることができること、感じていただけましたでしょうか。
ビジネスで使うアニメーション動画であれば、お客さまのイメージに近づけるアニメーション動画を弊社ユチュブるにて企画・作成いたしますので、ぜひ一度ご相談ください。



お電話でもお気軽にお問い合わせください
 03-4288-8915
10:00〜20:00(水曜除く)
フォームからのお問い合わせ
プランの相談をしてみる
タイトルとURLをコピーしました